ライフスタイル

現金の袋分け管理をやめました

家計管理の方法で、お金を小分けにして封筒に入れておくといいってよく聞きますよね。

私もこの方法で30年くらいお金の管理をしていました。

最初は封筒で小分けに、最近は無印のパスポートケースのクリアケースで小分けに。

家用は別に管理しているので、個人用のお金の管理になりますが。

それまでの管理方法

使い方としては用途ごとにクリアケースに現金を入れておくというごく普通の方法。

だいたい1年~数年に1回支払うものを毎月少しずつ小分けにしておき、支払い月になったら銀行に入金していました。

最初から銀行に入れておくと他の預金と一緒になって忘れてしまうので。

12か月分前払いにしてあるNHKだとか、3年で期限が切れるウィルスソフトだとか、車検だとか、まとめ買いするサプリだとか。

それにエンタメ代としてコンサート用等のまとまったお金や、欲しいもののためにお金を別にしておいたり。

キャッシュレス化する前は、毎月自由に使えるお金も1~10日、11~20日、21~末日と3つに分けてクリアケースに入れておき、1のつく日にお財布に移して持ち歩いていました。

そんな袋分け管理を随分と長い間していたのですが、毎月の両替が面倒なのと、キャッシュレス化を進めたことと、袋分け管理に取って代わる便利なものを見つけてしまったのとで、先日とうとうやめました。

あおぞら銀行BANK支店のThe Savings

袋分け管理に取って代わる便利なものとは、あおぞら銀行BANK支店のThe Savings(BANKアプリ限定貯蓄預金)です。

BANKアプリで目標金額や積立ルールを設定し、普通預金から貯蓄預金へ自動または手動で積み立てていくもの。

  • 金利は普通預金と同じ0.2%
  • 目標設定は最大20個まで可
  • 進捗状況はアプリの一覧ページで確認できる
  • 途中で設定の変更や積立の停止も自由にできる

なにより1円以上から積み立てられるので、1,000円 2,000円というちまちました金額でも分けて管理したい細かい私にはぴったりの方法。(A型なもんで)

すごい便利~~~

積立方法は3種類あって、積立方法の重複も可。

  1. デビット積立
  2. 毎月定額積立
  3. 手動積立

1はVisaデビットで買い物をするだけで事前に設定した比率の金額が自動で積み立てられるというものですが、私はこれは使っておらず2と3のみ使っています。

NHKやウィルスソフト代などは金額が決まっているので自動で積立。

積立日も自由に設定できます。

欲しいものはその月貯められる金額を手動で積み立て。

私の目標一覧

目標一覧画面ですが、こんな感じで設定しています。

例えば、赤枠で囲った部分は、

上から2番目 → コードレス掃除機用にその月の余裕分手動で積み立て
下から2番目 → 月2,000円NHK用に自動で積み立て

という感じに。

手動積立のタイトルは頭に絵文字の花束を、自動積立のタイトルは頭にの絵文字を入れています。
ぱっと見でわかるように。

今はマキタのコードレス掃除機が欲しいので、何ヶ月かに分けて手動で積み立ててます。

文字が隠れていますが上から3番目の目標額6,000円というのは消火器です。

6,000円くらいなら一括で買ってもいいのですが、そうすると後回しになることも多いんですよね。来月買おう、とか思っちゃって。

実際消火器は数年前から欲しかったのになかなかタイミングがなくて買えずにいるという(笑)。

なので、少額でもこうして目標として設定すると、自分自身に対する「〇ヶ月後に必ず買うぞ」という意思表明にもなるのではないかと思って設定しました。


こうして一覧で確認できるととってもシンプルでスタイリッシュではありませんかー。

ひと昔前の給料袋のような封筒で管理していた頃と比べて、ずいぶんとあか抜けました(たぶん)。

毎月給料日に現金で使う分を両替して袋分けにして…

袋分け作業自体は頭の整理になるので決して面倒ではなかったのですが、両替の手間がなくなるとか、アプリでいつでも確認できるというのはやっぱり便利です。

画像の無印のパスポートケースは、撮影用に全部中身を抜きましたが、今でもキャッシュカードやこまごまとした保管物やお金のメモ、現金も少しは入れています。

アブラサスの財布にも現金を入れて持ち歩いています。

まだまだアナログも活躍中です。

さて数か月後には、伸ばし伸ばしになっていた消火器を無事買えているのか、コードレス掃除機は大掃除に間に合って買えたのか。

がんばれ私~~!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

-ライフスタイル

© 2021 月夜に散歩