本・エンタメ

自分の認知特性を知る ~ 医師のつくった「頭のよさ」テスト

突然ですが、皆さんは自分の「認知特性」を意識した事はありますか?

認知特性とは

認知特性とは、目や耳などの感覚器から入った情報を理解・整理・記憶・表現する『方法』で、六つのタイプに分かれます。
本田真美『医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン』、光文社新書

以前、ツイッターでこの本のことが話題になり、私も自分の認知特性が知りたくて読みました。

「頭がいい」とはどういうことか

「頭のよさ」には六通りあるーー

こんな文章から始まるこの本。

この本によると、人には生まれ持った思考や認知の好みがあり、大きくは下の3つに分かれるとのこと。

  • 視覚優位者・・・「見た情報」を処理するのが得意
  • 言語優位者・・・「読んだ言葉」を処理するのが得意
  • 聴覚優位者・・・「聞いた言葉」を処理するのが得意

同じものを見ていても、見たものを写真のように認知する人(視覚優位者)、言語に置き換えて認知する人(言語優位者、聴覚優位者)がいるそう。

そしてこの3つがさらにそれぞれ2つに分かれ、6つのタイプに分かれると。

自分がどのタイプになるのかは、本に書かれている35の質問に答えることによって分かります。

とは言っても、6つにはっきりと線引きされるものではなく、6つの特性がバランスよく備わっている人や重複している人ももちろんいるようです。(これは何のテストでもそうですよね)

テストの内容は、道順を説明する時どう伝えるかとか、モノマネは得意かとか、外国語を学ぶ時どうするか、とかいう質問に選択肢2個~4個の中から自分に一番近いものを答えるというもの。

私の場合は

テストの結果、私は「視覚優位者・写真(カメラアイ)タイプ」でした。

テストをする前から絶対に視覚優位者だろうなと思っていたので、私にとっては答え合わせのような感覚。

道順は言葉で説明するより地図を書いてしまうし、野菜の名前を思い浮かべる時は50音順で「あ」から思い浮かべるのではなく、野菜売り場の映像を思い浮かべてしまうし、モノマネは苦手だし。

視覚優位者でも「視覚優位者・写真(カメラアイ)タイプ」と「視覚優位者・三次元映像タイプ」と2つあります。

写真で物事を記憶するタイプと映像で物事を記憶するタイプ。で私は前者。

これも納得。三次元ではない、私は。


視覚優位者、特に写真タイプはその時々を写真として残しているので、物心つく前のもっと小さい頃の記憶があることも多いそうです。


私の一番古い記憶は2歳にはなっていなかった頃の記憶。

2歳にはなっていなかったと分かるのは、その記憶には2歳になる前に亡くなった父親がいるから。

その記憶は自分の目で見た記憶なので、そこに自分はいない。

これが言語優位者だと映像イメージではなく言語という抽象的なイメージとして処理されるので、客観的な記憶でありそこに自分が登場するのだそうです。

そして言葉をある程度獲得した4歳~6歳くらいからの記憶が多いと。

これすごく興味深かったですね。

記憶の中に自分がいるかいないかの違いなんて考えたこともなかった。

著者である本田真美さんは小児科医で、特に小児の脳や神経、筋肉の病気、発達が専門だそう。

人は能力をどのように獲得していくのか、その能力も一つ一つ事細かに説明されていて、読み物としてすごく面白かったです。

言語操作力、空間認知力、視覚認知力、聴覚認知力、柔軟性、秩序性、創造性、社会性、時間間隔.... まだまだ色々。

面白かったのが、「バイバイ」の話。

乳児は成長するにつれ、やり方を教えなくても大人がバイバイをするとバイバイを返すようになります。

これが大人の模倣であれば、手のひらを自分に向けた「反対バイバイ」をするはずが、乳児はきちんと相手に手のひらを向けたバイバイをするようになる。

これは自分の身体軸を相手に合わせて自然に反転させることが出来ているということだそうです。

それこそ相手を意識する社会性能力の第一歩なのだとか。

な、な、なるほどー。とうなってしまいまいた。

人の能力ってすごいですね。

自分の認知特性を知る

私は、昔から人から口で説明を受けても頭で整理するのに時間がかかりました。

聞いている間にすべてを把握出来ていないので、後になって疑問が浮かんで質問ができなかったり、説明を受けている途中でも同じ質問を繰り返して「それはさっき言った」と言われてしまったり。

私は頭が悪いんじゃないかと本気で悩んでいました。

自分で説明をする時にも、順序立てて説明するのが苦手でした。適切な言葉が出てこなくて言葉につまったり。

今でも仕事中、電話で説明を受けたり説明をしたりするより、書面やメールでのやりとりの方が上手くいきます。

メールで説明するとやたら細かくて長くなる傾向はありますが(細かいA型なので)、言いたい事はたいてい伝わっていると思います。

人には頭の良い悪いとかはなく、全て得意不得意で済んでしまう話なのでは。とこの本を読んで思いました。

ワーキングメモリーが低いからこそ向いている職業もあるのだとか。

著者の本田さんもご自身はワーキングメモリーが低いとおっしゃっています。

今まで漠然としていた得意なこと不得意なことがはっきり分かれば、その対処法も見えてきます。

自分の「特性」を知っている、意識しているということは、大きな意義を持ちます。

と本にも書かれています。

自分にあったやり方を見つけ、他特性の方との付き合い方もそれに合わせて変えていけば、もっと生きやすくなるのではないかと思います。

大人も子供も。

この本は、劣等感の塊だった私に、そんな風に背中を押してくれた本でした。

医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン (光文社新書) [ 本田真美 ]

価格:814円
(2020/12/6 11:05時点)
感想(2件)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

-本・エンタメ

© 2021 月夜に散歩