本・エンタメ

映画「事故物件 恐い間取り」ちょいネタバレ感想

2020年8月28日公開

原作:松原タニシ「事故物件怪談 恐い間取り」(二見書房刊)
監督:中田秀夫
脚本:ブラジリィー・アン・山田
出演:亀梨和也 奈緒 瀬戸康史 江口のりこ MEGUMI 真魚 瀧川英次 木下ほうか 他

TV番組への出演を条件に、「事故物件」で暮らすことになった芸人の山野ヤマメ(亀梨和也)。

その部屋で撮影した映像には白い“何か”が映っていた…。

番組は盛り上がり、ネタ欲しさに事故物件を転々とするヤマメ…。

しかし人気者になっていく一方、次々と怪奇現象に巻き込まれていく。

そしてある事故物件で、ヤマメの想像を絶する恐怖が待っていたーーー

映画「事故物件 恐い間取り」公式サイトより

ちょこっとネタバレ感想

映画「事故物件 恐い間取り」を観てきました。

ツキヨ
怖かったけど、ホラー苦手な人でも割と見やすい映画だと思います。

松原タニシさんの実話をベースにしているという事で、前半はドキュメンタリーのように淡々と進み、じわじわと迫りくる恐怖に体の芯から冷えていく感覚で、後半は怖いというよりドキドキハラハラ、人の業にファンタジーをからめてスペクタクルに仕上げたという感じでした。

途中笑いのシーンもありつつ。で、最後にぞわっとして。

さすがの中田秀夫監督。

好みとしては前半の怖さが好きでしたけど、後半の山場も面白かったです。

洋画のホラー映画っぽかった。

もう一回観てみたいと思ったのは後半があったからかも。

映画ではヤマメは4つの物件を転々としていくわけですが、怖さでいえば1軒目の描写が一番怖かったです。

2軒目は怖いというより辛くて悲しくて(それが実話なのが更に悲しい)。

3軒目はそれに至る人の内面が怖かったかな。

この映画にラブの要素いる?と最初思っていましたが、4軒目でなるほどと思いました。

どの物件もどんな死に方をしたのか徐々に分かってくるけれど、事件に至るまでの感情の動きの描写はなく、ただ惨劇の様子が映像として流れてくる。

事件が起きた原因を追究するわけでも、解決するわけでもなく、除霊するわけでもない。

なんでこんな事にというどうしようもないやるせなさを残したままヤマメは次の物件へ引っ越していく。

途中に笑いがあるからこそ死者と生者のいる場所のあまりの違いが悲しくて。

引っ越していくごとにヤマメがだんだん麻痺していく感じがすごく説得力がありました。

「幽霊さーん」の何の感情もない表情と声のトーンとか。

インタビューにあった、本家(タニシさん)の「怖さをどう乗り越えようかと考えた時、感情を消す事が近道だった」という言葉もすごかったけど。

ヤマメ役の亀梨君と中井役の瀬戸君はいいコンビだなあ。

お笑いの元相方という空気がちゃんと出ててよい。

梓役の奈緒さんは恐怖の表情も演技も素晴らしくて、すごい女優さんです。

役柄はとても可愛らしくて健気で。梓に見捨てられなくて良かったねヤマメ。

あとは、江口のりこさんが登場から退場の仕方までインパクト強すぎました。

1シーンしか出ていない高田純次さんも強烈。

木下ほうかさんは胡散臭いけど憎めない。

TV業界の捻じれた部分も笑いを交えて描かれていたけど、企画をやめたらまた売れない芸人に逆戻り、引き返す事の出来ないヤマメの状況も怖かったです。

このまま続けたら自分も周りの人も危険な目に遭うかもしれない(もうすでに遭っている)けどやめられない。

やめたら生活していけない。野心とか生活とか友情とか恋心とか。

そんなにっちもさっちもいかない状況で追い詰められていくヤマメ。

主人公を売れない芸人にしたことがこの映画の何よりすごいところなのでは?それが実話なのがもっとすごいけれど。

この映画きっかけで松原タニシさんを始めてTVで見ましたけど、不思議な方ですね。

知的で落ち着いてて、本当に怖いものを見た人独特の静けさのようなものが漂っていて。

怖くて絶対無理だと思っていた原作も読んでみようかなと思いました。

事故物件怪談恐い間取り [ 松原タニシ ]

価格:1,540円
(2020/8/30 17:29時点)
感想(25件)

事故物件怪談 恐い間取り2 [ 松原 タニシ ]

価格:1,540円
(2020/8/30 17:31時点)
感想(5件)

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

-本・エンタメ

© 2021 月夜に散歩